ホタテの力の効果がすごい!~野菜から洗濯物まで~

ホタテの力があまりにも主婦の見方をしてくれるので、情報を集めてみました。

中国に住む私がホタテの力の効果を試してみた・・残留農薬がハンパない

      2017/11/23

私は以前、中国の内陸部の都市に住んでいました。
中国では、割高なかわりに汚染の心配が無い安全な野菜、所謂「緑色野菜」が増えています。

中国の農薬問題の詳細はこちら

しかしそれでも、日本の食品ほどの信頼性が置けるかどうかは分かりません。
それに、「緑色野菜」の基準を満たしていないものに緑のラベルを貼るような偽装問題が横行しています。

上海で「ホタテの力」を購入


何が信頼できるのか分からない環境の中、少しでも安心できるものを、美味しく食べたい。
そう思っているとき、日本では野菜の残留農薬を洗い落とす洗剤「ホタテの力」が発売されたと知りました。

それを使って洗った野菜や果物なら、少しは安心できるだろうと考えました。
しかし、上海や北京のような国際的な大都市ならまだ入手の手段があったでしょうが 私が住んでいた都市には、日系の百貨店とは全く無縁でした。

 

在住外国人向けの高級スーパーにも足を運んでみましたが、外国製の食器用洗剤はあっても、食品用洗剤などどこにもありませんでした。
無いとなると欲しくなるもので、日本に一時帰国したら購入しようと考えていました。

そんな折、上海へ買い出しを兼ねて旅行に行った際、百貨店の地下で「ホタテの力くん」を見つけ、購入しました。
日本では1本600円程度で買えるようですが、中国への輸出品、しかも日系百貨店の値段設定ですから、かなり高価でした。

 

うろ覚えですが、当時のレートで日本円に換算すると、1本2000円程度だったと思います。
この値段ではさすがに何本も買い占めることはできず、1本だけ購入することにしました。

農薬がみるみる落ちてビックリ!


帰宅後、まずはきゅうりを使って試してみることにしました。
中国のきゅうりは日本のものより大きく、先端に花がついているものが多いです。

 

これは新鮮さをアピールするためにわざとつけたままにしているそうです。
しかし、その花を保つために薬剤を使っているという噂もあります。

10分ほど放置した後、見てみた時のインパクトは強烈で、未だに鮮明に覚えています。
バットの水全体が茶色のだし汁みたいな色合いに変化し、表面に油膜のようなものが貼っていたんです。

 

何とも汚らしい印象で、触りたくないと思わせるレベル。
ネットで見た「使用例」の画像は本当だったのか!と感動すら覚えました。

ちなみに、高級スーパーで購入した「緑色野菜」でも試してみましたが そちらの水にはほとんど変化が見られなかったことにも感動しました。
中国でも、ちゃんとした商売をしている企業はあるんですね。

 - ホタテの力の効果